初めての犬を飼う不安を取り除くもっと素敵なブログ。

初めて犬を飼う方の不安を取り除くために書きました。お役に立てれば幸いです。

初めて犬を飼うなら?愛護団体から。

犬を飼う時の入手方法を箇条書きにしますと以下の通りです。

 

  1. ペットショップ
  2. ブリーダー
  3. 通販
  4. 知人
  5. 動物愛護団体

一番メジャーなのがペットショップです。

f:id:petepe:20160514005718j:plain

気軽に購入することができますし、飼育方法などを参考にすることもできます。

 

一番のメリットは小さい子犬でウチに来ますので、非常に愛着を持って家族の一員になってくれます。

 

お店によっては、利益主義だったりして、犬の性格に難があったり、今はほとんどなくなりましたが、病気になっているのに治療していなかった、とか過去にはあったそうです。

 

犬を繁殖させて、子犬を販売している業者をブリーダーといいます。

 

欲しい犬を見つけやすいという反面、悪質な業者も多いので注意してください。

 

犬を商売道具としてしか考えていないので、劣悪な条件で飼育し得いるなど、最悪の業者がいますので。

 

通販で購入することもできますが、直接見ることができないのでイメージと違う場合や病気にかかっている場合もあります。

 

病気については、ペットショップなら、引き取る時点で獣医による健康診断での結果が添付される事が多くなってきました。

 

知人から譲ってもらうという方法もありますが、いつでも譲ってもらえる訳ではないので、タイミング次第です。

 

保健所や動物愛護団体から犬を譲ってもらうこともできます。

 

獣医が併設されている愛護団体が増えてきていまして、病気を治療して引き取り先、里親を探す、というのが普通になってきました。

 

海外、西欧社会では、犬やペットを売る・買う、という考え方がなくて、愛護団体から譲り受ける、というのが一般的です。

 

日本の場合引き取り手がいない犬は「殺処分」(ひどい名前ですね)されます。

 

愛犬家の芸能人や著名人の普及活動によって、広まりつつありますが、犬は愛護団体から譲り受けるようにしたいものです。

 

 

初めての犬を飼う不安を取り除くもっと素敵なブログ。

ふぐ通販 ズワイガニ姿通販 福袋予約情報 菊芋の効能と糖尿病の母は?