読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めての犬を飼う不安を取り除くもっと素敵なブログ。

初めて犬を飼う方の不安を取り除くために書きました。お役に立てれば幸いです。

初めて犬を飼う不安、犬は室内飼いの方が良いの?

犬は室内飼いの方がいいのかというと、犬のことを考えるのであれば、室内飼いの方がいい、と言われています。

 

小型犬はもちろん、大型犬であっても、外飼いよりも室内飼いの方が長生きできる可能性が高いそうです。

 

また、外飼いをしているとしつけが行き届きにくくなり、ご近所トラブルにもなりやすい、と言われていいます。

 

室内飼いの方が良い、にしても、どうしても外飼いでなければ飼えないというケースもあります。

 

その場合には、犬が落ち着けるようなスペースを用意する必要があります。

 

その方が犬がストレスを溜めなくて良いです。

 

 

庭に犬小屋があるだけといった飼い方だと、天候によっては雨や雪を避けられなかったり、熱中症になってしまったりするようです。

 

天候や体調に合わせて、犬自身が居場所を選べるようにしてあげたる為にも、室内でも居場所を作られた方が良いです。

 

雷や嵐が怖くて、犬が脱走してしまうというケースもよくあるそうです。

 

但し柴犬など毛が抜けやすい犬種の犬を室内で買うには、毛をすいてやる事と家の掃除はとても手間がかかりますが、重要な事です。

 

この事から、柴犬を外に繋いで犬小屋で飼っている風景は良く見かけます。

 

それでも、家でも飼ってあげれるようにしてやって下さい。

 

小型から中型にかわるぐらい大きくなったら、油断するとすぐ家のものを加えて持っていきますので。

家で飼うと可愛い出来事、癒される出来事も多いので、その点は良いですから。

 

 

初めての犬を飼う不安を取り除くもっと素敵なブログ。

 

初めて犬を飼うのに必要なものは?

犬を飼うのに必要なのは、以下のようなものを箇条書きにしています。

  1. ゲージ
  2. ハウス
  3. エサや水を入れる器
  4. トイレやペットシーツ
  5. おもちゃ
  6. 首輪やリード
  7. 犬用のキャリーバッグ


まず、飼うのが子犬の場合には、ゲージが必要です。

それに、犬が落ち着いてくつろぐことのできるハウスも用意した方が良いでしょう。

エサや水を与えるための器も必要で、これは犬種や性格によって変わりますので、いろいろと試してみる他ありません。

犬用の室内トイレやペットシーツも用意しましょう。

犬の排泄を外でさせる人もいますが、外でしか排泄できなくなると、悪天候の時やどうしても外に出れない時には大変困ります。

 

犬のしつけの問題と絡むのですが、家でも外でもトイレをするようにしたいものです。

 

そして、遊びやしつけに使うおもちゃも、犬を飼うのに必要なものです。

 

基本、おもちゃはすぐ飽きますし、いろいろ挙げてみて喜んでくれるものを試すしかありません。

 

また、首輪やリードも散歩をさせる際には絶対に必要ですし、首輪で首の部分を引っ張る事で犬にしては行かない事を教えます。

 

それから、健康診断やワクチン注射、体調が悪くなったりで動物病院に連れて行く際や、一緒に旅行に行ったりするときは、犬用のキャリーバッグが必要になってきます。

 

 

初めての犬を飼う不安を取り除くもっと素敵なブログ。

初めて犬を飼うのに費用はどれくらいかかるのか?

これから犬を飼おうとしている方はどんな費用がどのくらいかかるのか知っておいた方が良いでしょう。

  1. 畜犬登録
  2. 狂犬病予防注射
  3. 健康診断
  4. 混合ワクチン接種
  5. 生活用具
  6. 生活費
  7. 医療費 ヒラリア予防薬

畜犬登録の費用は約3000円程度かかります。

狂犬病予防注射に3500円、健康診断費用として3000円以上はかかります。

健康診断は検査項目によって費用が変わってきます、人間と同じです。

 

混合ワクチン接種は1回8000円として2回するので1万6000円、生活用具を揃えるのに3万円~4万円程度は見ておいた方が良いでしょう。

 

狂犬病、混合ワクチン接種はドッグランとかいろいろワンちゃんと利用する施設で提示が求められますので、そういう意味でも必要です。

 

毎年、最低でも予防接種費用と健康診断費用を合わせて、3万5000円くらいはかかるでしょう。

 

そして、食費やおやつ代、おもちゃ代など様々な生活費がかかり、これは小型犬や大型犬等種類によって変わってきます。

 

例えば、トイプードルは毛が抜ける量が少ないので部屋の中で飼うのに適していますが、カットする頻度が多く、カット代には結構費用がかかります。

 

小型犬でだいたい年間8万5000円、大型犬で14万円~15万円ほどかかると考えてください。

 

また、この他に医療費も発生します。

 

仔犬の場合は、下痢をしたり、体の弱い子は非常に神経質になります。

 

トリミング費用やしつけ教室費用、病気や怪我をした場合の治療費用もかかってきます。

 

ここで又同じことを云うのですが、生き物を迎え入れる事ですので、生きていく為に必要な費用は多めにかかる、という事はご理解してください。

 

初めての犬を飼う不安を取り除くもっと素敵なブログ。

 

 

 

初めて犬を飼う人へのアドバイス、犬を飼う適性がない人は?

初めて犬を飼う人へのアドバイスとして、「犬を飼う適性がない人」を例にしかいています。

犬を飼う適性がない人とは次のような人です。

  1. 責任感がない
  2. しつけをきちんと行わない
  3. 犬の幸せを考えない
  4. 犬を飼うだけの経済的な余裕がない

このような人に飼われても犬は幸せにはなれないでしょう。

 

そして、周囲の人の迷惑になることもあるので、トラブルの発生するでしょう。

 

犬を飼う以上、その犬が亡くなるまで面倒をみる義務が生じます。

1.責任がない、っていう事はこの当然の「義務」を怠ることです。

 

生きています、ですので、この当たり前の話しをしなけれならない人がいるのはとても残念です。

 

法律で定められたワクチン注射はもちろんですが、犬が病気や怪我をしたら適切な治療を受けさせなくてはいけません。

 

それができないのであれば、最初から飼わないようにした方がいい・・・当たり前の事です。

 

また、しつけをきちんと行わないと、無駄吠えをしたり、問題行動を起こすようになります。

 

犬がかわいいから叱らない、しつけをしないという飼い主もいますが、それは犬にとって幸せなことではありません。

 

犬には犬の幸せがあり、犬にとっての幸せとは、リーダーの庇護の下(飼い主さんお愛情の下)ストレスのない環境で安心して暮らすことです。

 

犬は猫とは違うので、自由気ままに自分の好きなように過ごすことを幸せだとは感じない、という事は知っておいた方が良いでしょう。

 

それに、犬を飼うだけの経済的な余裕がないのなら、犬を不幸にするだけです。

 

犬を飼うと何かと費用がかかりますので、その負担に耐えられるのか事前に計画を立てておくことが必要です。

 

4つに分けて書きましたが、結局のところ、犬も人間と同じ生き物で、尊重する事を当たり前にやってほしい、という初めて犬を飼う人への少しエラそうな(すいません)アドバイスです。

 

初めての犬を飼う不安を取り除くもっと素敵なブログ。

初めて犬を飼うのに犬種を選ぶポイントとは?

自分に合った犬種を選ぶためのポイントを挙げると以下のようになります。

  1. 住まい
  2. 家族構成
  3. ライフスタイル
  4. 目的

まず、住まいに合わせて犬種を選ぶ、という事なのですが、マンションなのか戸建てなのかで向いている犬種が違います。

 

また、屋外で飼うのか、室内で飼うのかでも自分に合った犬種は変わります。

 

例えば柴犬は、毛がかなり抜けますので室内で飼うには不向きです。

 

その点トイプードルは小型犬で、毛の抜け方も少ないので室内で飼うには向いているでしょう。

 

又飼育スペースが狭いのに大型犬を飼ってしまうと後から大変です。

 

家族構成も犬種を選ぶ時に大切になります。

 

小さな子供や高齢者がいる場合は大型犬ではなく、小型犬をおすすめします。

 

大型犬だと、力が強くてコントロールができない事があり、怪我をさせてしまう可能性があるからです。

 

自分のライフスタイルに合わせて決めるというのも重要です。

 

散歩をする時間がたっぷりとあるなら大型犬でも問題ありませんが、そんなに時間を取れない場合は小型犬の方が向いているでしょう。

 

小型犬といっても、活発な性格のラブラドールやプードルなどは、じっくりと向き合う時間を作って構ってあげる必要があります。

 

逆に、セント・バーナードやチャウチャウなどの場合は、マイペースなところがあり、のんびり過ごしてくれるので、手間がかからない、といえます。

 

犬種によって性格や行動が違いますので、自分はどんな犬が合うのか?はよく考えられた方が良いです。

 

仔犬の頃からうちの子になって、一緒にいるトイプードルは、構って!構って!とその動きはそれはそれは可愛らしく思います。

 

又「われ関せず」と堂々としているチャウチャウを好まれる方も多いです。

 

犬には自分にないものを求める、と言いますが、例えば、普段和んだりゆっくりしたりするキッカケがない生活においては、室内で飼う小型犬はとても癒されます。

初めての犬を飼う不安を取り除くもっと素敵なブログ。

初めて犬を飼うなら?愛護団体から。

犬を飼う時の入手方法を箇条書きにしますと以下の通りです。

 

  1. ペットショップ
  2. ブリーダー
  3. 通販
  4. 知人
  5. 動物愛護団体

一番メジャーなのがペットショップです。

f:id:petepe:20160514005718j:plain

気軽に購入することができますし、飼育方法などを参考にすることもできます。

 

一番のメリットは小さい子犬でウチに来ますので、非常に愛着を持って家族の一員になってくれます。

 

お店によっては、利益主義だったりして、犬の性格に難があったり、今はほとんどなくなりましたが、病気になっているのに治療していなかった、とか過去にはあったそうです。

 

犬を繁殖させて、子犬を販売している業者をブリーダーといいます。

 

欲しい犬を見つけやすいという反面、悪質な業者も多いので注意してください。

 

犬を商売道具としてしか考えていないので、劣悪な条件で飼育し得いるなど、最悪の業者がいますので。

 

通販で購入することもできますが、直接見ることができないのでイメージと違う場合や病気にかかっている場合もあります。

 

病気については、ペットショップなら、引き取る時点で獣医による健康診断での結果が添付される事が多くなってきました。

 

知人から譲ってもらうという方法もありますが、いつでも譲ってもらえる訳ではないので、タイミング次第です。

 

保健所や動物愛護団体から犬を譲ってもらうこともできます。

 

獣医が併設されている愛護団体が増えてきていまして、病気を治療して引き取り先、里親を探す、というのが普通になってきました。

 

海外、西欧社会では、犬やペットを売る・買う、という考え方がなくて、愛護団体から譲り受ける、というのが一般的です。

 

日本の場合引き取り手がいない犬は「殺処分」(ひどい名前ですね)されます。

 

愛犬家の芸能人や著名人の普及活動によって、広まりつつありますが、犬は愛護団体から譲り受けるようにしたいものです。

 

 

初めての犬を飼う不安を取り除くもっと素敵なブログ。

ふぐ通販 ズワイガニ姿通販 福袋予約情報 菊芋の効能と糖尿病の母は?

 

 

 

初めて犬を飼う方へ、そのデメリットについて。

犬を飼うデメリットにはどんなことがあるでしょうか。

まず、費用。

毎月のエサ代やペットシーツ代などの他に、毎年ワクチン接種の費用が必要です。

それに、病気になったり、怪我をしたりすれば、治療費もかかるでしょう。

保険をかけていないと、数十万〜数百万円かかったりします。

最近はペット保険が充実しているとはいえ、毎月の掛け金も費用として考えておかなければいけません。

また、しつけの仕方にもよりますが、家の状態が悪くなってしまうこともあります。

特に子犬を飼う場合には、室内に排泄物のニオイが染み付いたり、あちこちかじってしまうことも多いものです。

これは、仔犬が誤飲したりする事も防がなければなりませんので、十分気をつけて欲しい事です。

家具がボロボロになってしまうのはまだマシな方で、柱や桟が傷つけられることは、賃貸の場合は相当大変な事にもなりかねません。

それから、基本的に犬には散歩が必要ですが、その散歩が苦痛な場合には大きなデメリットとなってしまうでしょう。

家犬として仔犬を室内で飼う方も増えていますが、犬のストレスを十分配慮して対処しなければなりません、

 

犬がいるために旅行に行きづらくなったり、長時間留守にできなくなる、という事も覚悟しなければなりません。

 

ワンちゃんだけ長くお留守番・・・なんて犬を飼っている者にとっては、信じがたい話です。

 

犬と一緒に旅行に行ったり、ペットホテルに預けたり、最近ではペットシッターに依頼したりといったこともできますが、その分だけ費用がかかります。

しかし、これらのデメリットは飼われる前に十分理解されて、

これらのデメリット補って余りあるくらい癒される、という愛犬家がほとんどです。

 

といいますか、費用やその他リスクは事前に折り合いや対策を十分つけられて、一つの大事な命、大事な家族として迎えられる事を、

 

初めて犬を飼われる方には望んでいます。

 

 

高麗人参サプリ比較比較と効能 プロテオグリカン膝関節サプリの比較 おせち通販予約京都京都料亭 菊芋の効能効果 糖尿病 ミドリムシミドリムシの効果効果とは? 菊芋の効能について 電話占いの恋愛相談比較 オーディオブックおすすめ ホワイトデーのお返しはココ 糖ダウンを使ってみた使ってみた! 京都ペットシッターブログ 北国の恵みのひ評判は? アラプラス糖ダウンは今のところ良し! 京都料亭岩元のおせち匠極を食べてみた!

初めて犬を飼うメリットって?

犬を飼うメリットは、何といっても、癒しです。

癒しを与えてくえて、自分自身はストレスを感じにくくなることでしょう。

ワンちゃんを見ていたら、自然に顔が緩んでくるのがわかりますし、和んできます。

アニマルヒーリングという言葉があるように、犬との暮らしは人間のストレスを軽減させてくれるでしょう。

また、犬を散歩させることで、一緒に歩く事で、飼い主にとっても運動になり、ストレス解消や肥満予防効果なども得られます。

犬を通してご近所の方と仲良くなったり、犬友達ができて、交友関係が広がるケースも多いです。

和んだ、ゆったりした気持ちで話すと、自然に仲良くなるものですから。

それに、子供の情操教育にもいいといわれていますが、これは飼い方次第だといえます。

犬、という一つの命をどれだけ重んじて飼うのか?が親も子供も分かってないと犬を不幸にする場合もあります。

 

子供の情操教育のために犬を飼う人の中には、子供が大きくなると犬を処分する人もいる・・・って、とんでもない話です。

そんな飼い方をするくらいなら、むしろ飼わない方が子供の教育のためにはいいでしょう。

ペットショップで衝動買いしたりしないで、慎重に検討してから飼うようにしてください。

 

又個人的な意見で言いますと、ペットショップでは買わずに保健所で保護されている犬を先ず観に行くようにして欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

もつ鍋通販はここで選ぶ! ズワイガニポーション ズワイガニ通販人気ランキング北国の恵みのモニター購入購入完全版 胡蝶蘭の値段相場ガイド